THE NOYORI LABORATORY 名古屋大学 大学院理学研究科 野依特別研究室 / 名古屋大学 物質科学国際研究センター 分子触媒研究分野

Language:

THE NOYORI LABORATORY | 野依特別研究室 名古屋大学 大学院理学研究科 野依特別研究室 / 名古屋大学 物質科学国際研究センター 分子触媒研究分野 〒464-8602 名古屋市千種区不老町 名古屋大学 野依記念物質科学研究館 http://noy.chem.nagoya-u.ac.jp/

News

2018.11.24    特別企画 野依教授と語る「すごい昼食会」第20回を開催しました.「MaaS」

2018.08.20 斎藤教授らの不活性アミドの水素化に関わる研究が,英国 NPO により「廃棄プラスチックの新規分解

       法」として Top 100(上位2%)に選定されました.同時にクラウドファンディングも募集します.

2018.08.17    特別企画 野依教授と語る「すごい昼食会」第19回を開催しました.「音楽の力」

2018.08.08    特別企画 野依教授と語る「すごい昼食会」第18回を開催しました.「コンビニ」

2018.07.30    斎藤教授のカルボン酸の水素化に関わる成果と展望がハリマ化成グループの広報誌HQ

                     「最前線の分子科学 One hour interview」で特集されました!(PDF)

2018.07.25    穐田宗隆教授 (東京工業大学生命科学研究所)の講演会を開催しました.

2018.04.25    (5月21日) Prof. Anant Kapdi (UGP-FRP, ICT Mumbai) の講演会を開催します.

2018.04.16    [受賞] Wang 君が日本化学会第98春季年会(2018)学生講演賞を受賞しました!

一覧(NEWS)をみる

Recent Publications

2018.11.22   光触媒による二級アミン合成に関する論文が Org. Lett. 誌に掲載されました.

            Wang, Kobayashi, Arisawa, Saito, Naka, Org. Lett. in press (2018).[PDF]

2018.11.19   チオフェンのアリール化に関する論文が Asian J. Org. Chem. 誌に掲載されました.

            Kitamura, Murata, Oguri, Matsumura, Kakusawa, Naka, Yasuike, Asian JOC in press (2018). [PDF]

2018.10.15   カルボン酸の水素化に関する総説がChem. Commun. 誌に掲載されました.

            Yoshioka and Saito, Chem. Commun. in press (2018).[PDF]

2018.10.05   光触媒による医薬品合成に関する論文が ACS Sustainable Chem. Eng. 誌に掲載されました.

            Wang, Jenkinson, Wheatley, Kuwata, Saito, Naka, ACS Sustainable C. E. in press (2018).[PDF][解説]

2018.08.20   芳香族カルボン酸とアミンの縮合反応に関する論文がOrganic Letters 誌に掲載されました.

            Sawant, Bagal, Ogawa, Selvam, Saito, Org. Lett. 20, 4397−4400 (2018).[解説]

2018.05.09   混合光触媒系による医薬関連アミン合成に関する論文がScientific Reports 誌に掲載されました.

           Wang, Morioka, Jenkinson, Wheatley, Saito, Naka, Sci. Rep., 8, 6931 (2018).[Free PDF] [解説]

2017.11.09   アルキンのヒドロアルコキシ化反応に関する論文がChem Pharm Bull 誌に掲載されました.

           Ushimaru, Nishimura, Iwatsuki, Naka, Chem. Pharm. Bull. 65, 1000–1003 (2017).[Free PDF]

一覧(PUBLICATIONS)をみる