WORKSHOPS

学生のレベルアップを目的としたワークショップを不定期で開催しています.研究室外の学生•

教員の方々にもご参加いただいています.今後開催するときに案内が欲しい,など本件について

のお問い合わせは中 (h_naka@nagoya-u.jp) までご連絡ください.

 

2018 年 3 月 26 日

第2回 辻篤子先生が贈る日本語文章作成ワークショップ

「履歴書をどう書くか」

2018年3月8日と12日の2日間,辻篤子先生(名古屋大学国際機構 特任教授)をお招きして,

第二回日本語文章作成ワークショップを開催しました.

 辻先生は,朝日新聞の科学記者として活躍されてきた科学ジャーナリストで,現在は国際協力

の推進や大学からの情報発信に取り組まれています.

名大ウォッチ:http://www.meidaiwatch.iech.provost.nagoya-u.ac.jp

 

    今回は「履歴書に記入する自己紹介文」を題材に日本語を書く技術や原則を共有することを

目的として,大学生・大学院生4名が自己紹介文を持ち寄り意見交換をしました.その過程で,

読み手を考えた文を書くことや,いい面だけではなく悪い面も出すこと,分かりやすい簡単な

言葉を使うことなど,自分を伝える文を書く上でのポイントを辻先生から学びました.

 

(企画•文責 鎌田 健司 (M1))

 

2017 年 5 月 22 日

第1回 辻篤子先生が贈る日本語文章作成ワークショップ

「自己紹介と自分の研究」

2017 年 5 月 9 日と 16 日の二日間,辻篤子先生 (名古屋大学国際機構 特任教授) をお招きして,

日本語文章作成ワークショップを開催しました.

 辻先生は,朝日新聞の科学記者として活躍されてきた科学ジャーナリストで,昨年秋からは

本学国際機構でアジアを中心とした国際協力の推進や大学からの情報発信に取り組まれています.

名大ウォッチ:http://www.meidaiwatch.iech.provost.nagoya-u.ac.jp

 

 今回は「なぜ科学もしくは化学を志したかという点を中心にした簡単な自己紹介を交えて,

自分の研究を普通の人に知ってもらう文章をまとめる」というテーマで,大学院生 4 名と若手

教員 2 名が作成した書面を持ち寄り,意見交換することで,専門的な内容を日本語でわかりや

すく伝えるための原則と技術を学びました.

 

(企画•文責:中)

 

THE NOYORI LABORATORY | 野依特別研究室 名古屋大学 大学院理学研究科 野依特別研究室 / 名古屋大学 物質科学国際研究センター 分子触媒研究分野 〒464-8602 名古屋市千種区不老町 名古屋大学 野依記念物質科学研究館 http://noy.chem.nagoya-u.ac.jp/

Language: